新婚以降も実際みんなつけてるの?結婚指輪

結婚指輪を買いに行く

市や区役所に婚姻届を出して、結婚式を挙げるも挙げないも、大概のご夫婦は結婚指輪を買いに行くでしょう。パートナーがサプライズで買ってくれる場合もあるかもしれませんね。でも、結婚指輪は夫婦そろって買いに行かれた方が良いのではないでしょうか?旦那様のカードでお支払いなさるにしろ、始めて一緒に買う大きなお買い物ですね。婚約指輪をお給料の○カ月分で購入された方には、他に指輪2つも買うなんて耳の痛いお話かもしれませんが、実際毎日身につけるのは結婚指輪ですし、婚約指輪よりもお気に入りの物を選びたいですよね。

指輪のデザインはシンプルが一番

さて指輪のデザインですが、シンプルな夫婦おそろいのリング、有名ブランドのペアリング、スペシャルオーダーの自分達オリジナルリングと大きく3つに分かれるでしょう。最近は、ご自分でデザインしたリングを、作ったりされる方もいらっしゃいますね。ただ、結婚する際に皆さん参考にされる雑誌や女性紙には、毎月と言って良いほど、有名ブランドのペアリングが掲載されていて、実際こういったブティックでお買い物なさる方が一番多いのではないでしょうか?周りの既婚者を見渡しても、有名ブランドのシンプルなリングをされている方がほとんどです。後は、長年つける物ですのでご夫婦違うデザインの物でも、お気に入りのものを選びましょう。

ではいつ結婚指輪をつけなくなるのでしょうか?

痩せたり太ったりすると結婚指輪、つけなくなりますよね。男性は浮気をすると結婚指輪をつけなくなるといいますが、浮気をばれなくするには、太って指輪が入らないようにするのも良いかもしれません。ただ太りすぎると取れなくなりますが。女性の場合、家事や子育てをしていると、水仕事で邪魔になったり、赤ちゃんが居ると指輪で傷つけてしますから、という理由でつけなくなります。子供が居ると日々いっぱいいっぱいで、つけるのを忘れているって言う事も頻繁に起こります。子育てがひと段落して、またつけるようになるのですが、それらを考慮してやはり、年をとっても素敵な、毎日使えるデザインのものを選ぶのが良いでしょう。

男女の間で結婚の約束をしたのが婚約指輪であり、婚約の証として男性から女性へダイヤモンドなどの宝石で、華やかなデザインの指輪を贈ります。